言語デザイン研究所 検定WEBレポート
言語デザイン研究所は、多文化共生社会における言語政策の研究・実践、とりわけ日本語教育に関する支援を通じて、多様な文化の相互理解の進展に寄与することを目的としています。
【合格体験記】 直前には余裕をもつプランで、ゼロから合格をゲット!

予備知識ゼロで
セミナーへ参加!


・日本語教育経験なし!
・勉強期間3ヵ月半!
・一発合格!


もちろん決して簡単ではありませんでした。

正直な話、6月に泉先生の合格指南セミナーに参加。
初めて、どんな内容の試験なのか、
どんなことを勉強するのかを知りました。

それどころか、文法用語すらあやしかったので帰ってから
中学国語文法を復習する始末

そんな私が7月から本格的に泉先生のセミナーで勉強を始めて、
合格するまでの流れは主に、

・毎週のセミナーでいただく冊子を次週までにノートにまとめる。
・8月には『検定ジャスト問題集』に手をつける。
・足りない部分を他の教材で補う。
・目標の点数を定める
・問題集を解くたびに点数を記録
・本番で何点取りたいかイメージ


です・・・。

つづきを表示
page top
【合格体験記】 繰り返して定着、苦手項目から逃げずに1発合格!

一発合格への
プレッシャー!


一発合格をしなければならないと言うプレッシャーがありましたが
無事合格することができました。

お金がある人は対策講座などを受けてもいいと思いますが、
定着率を上げるために
ある程度自分で学んでから受けると良いと思います。

私みたいに講座を受けるお金のない人も、
ちゃんと受かるので大丈夫です。

ただ、その分時間をちゃんととって勉強をした方がいいと思います。

私のしたことは
1) 過去問を解いて体感
2) 『検定ジャスト問題集』を解き続けて定着
3) 過去問で力試し
4) 苦手項目を取り組む
5) 過去問をもう一度解く
6) 試験までひたすら問題集を解く
これだけです。

定着率を上げるために
繰り返すことは必要!


泉先生もおっしゃってますが、検定問題集は・・・
つづきを表示
page top
DATE: 2018/01/27(土)   CATEGORY: Q&A
【Q&A】 ボランティアでも検定試験の合格が必要でしょうか?
Q
現在,ボランティアで日本語を教えています。

やはり「日本語教育能力検定試験」のような、
資格は取っておいた方がいいのでしょうか?

検定に受かっていなくても、
日本語学校で働いている人もたくさんいますよね?

(MIKAさん,神奈川県)



 これからは,介護・看護やさまざまな技能を備えた方々が,
ボランティアとして参加する方向に流れが変わっていくでしょう。
迷わずに「日本語教育能力検定試験」を目指すことをお薦めします。


つづきを表示
page top
DATE: 2018/01/13(土)   CATEGORY: 公募・求人情報
【AJALT】 2018年度「国際日本語普及協会」 教師会員の募集案内
公益社団法人国際日本語普及協会(AJALT)は、
設立40周年を迎えています。

日本語を学ぶ幅広い学習者のために、
個々のニーズを尊重したプログラムを開発しながら、
日本語教育を実践しています。

教師会員の定期募集(2018年4月入会)のご案内

書類郵送先 および 問い合わせ先
〒105-0001
東京都港区虎ノ門3-25-2 虎ノ門ESビル2F
公益社団法人 国際日本語普及協会(AJALT)
教師会員募集 係
TEL:(03)3459-9620
http://www.ajalt.org

つづきを表示
page top
【合格体験記】 独学ゆえの作戦ミスを乗り越え、最後に粘り勝ち!

年齢を言い訳にせず、
最後まで粘ろう!


希を目前に合格することができました。

大いに自慢話をしたいところですが、恥ずかしながらそうはいきません。
自己採点ではおそらく合格者の中で最低点、僥倖に恵まれた訳です。

それでも合格は合格!
泉先生の指導のおかげと深く感謝しています。

後に続く皆さんのため、ここでは自分が採った作戦の過ちを
正直に告白することにします。

同じ轍を踏むことなく、余裕をもって合格証書を手にしてください。

スタートで、
1ヵ月足踏み・・・


ず、参考書の使い方です。
自宅で独学を始めるにあたって、ネットなどでよく挙げられている
赤い表紙の厚手の虎の巻など数冊を用意しました。

赤ペンを手にこれらを頭から読み始めたというわけです。

これが大失敗でした・・・。

初めて目にする内容ばかりで、しかも項目を羅列してあるだけなので無味乾燥。
すぐに眠くなり、しかも記憶力が衰えているので翌朝には何も頭に残っていない
ということの繰り返しでした。

これを1か月も続けて時間を浪費しました・・・。

つづきを表示
page top

Copyright © 言語デザイン研究所 All Rights Reserved.