言語デザイン研究所 検定WEBレポート
言語デザイン研究所は、多文化共生社会における言語政策の研究・実践、とりわけ日本語教育に関する支援を通じて、多様な文化の相互理解の進展に寄与することを目的としています。
【合格体験記】 介護のため,検定対策は授業に出ただけ・・・。

お蔭さまで
合格できました!


当日はご助言通り、最後まで諦めないで頑張ったつもりでしたが、
本番では全く勉強が行き届いていない分野の問題もあったので、
この結果には自分でもビックリでした。

今まで親身なるご指導を賜りまして、誠にありがとうございました。
また、いろいろご心配お掛け致しまして申し訳ございませんでした。

昨年より某校で養成講座を受け、夏からは泉先生のセミナーで
検定対策の勉強を進め、運にも恵まれたのでしょうが、

今回何がしかでも結果を残すことができ、正直良かったと思って
います。誠にありがとうございました。

なお、夏から両親の看護・介護をしておりますが、二度の入院を
経ながらも、何とか無事に過ごしております。

そうですけれど、私は何とか元気でやっておりますので、その点、
どうぞご心配なきよう願います。

また、せっかく合格した検定試験ですが、しばらく日本語教師を
行うのはお預けになりそうです。残念ですが、仕方がないですね。

本来ならば直接お会いした上で報告させて頂かなくてはならない
ことではございますが、まずは取り急ぎ、メールにてお知らせ申し
上げます。

改めまして、この度は誠にありがとうございました。

(2017年度合格 M.K.さん 東京都)
page top

Copyright © 言語デザイン研究所 All Rights Reserved.