FC2ブログ
言語デザイン研究所 検定WEBレポート
言語デザイン研究所は、多文化共生社会における言語政策の研究・実践、とりわけ日本語教育に関する支援を通じて、多様な文化の相互理解の進展に寄与することを目的としています。
【合格体験記】 繰り返して定着、苦手項目から逃げずに1発合格!

一発合格への
プレッシャー!


一発合格をしなければならないと言うプレッシャーがありましたが
無事合格することができました。

お金がある人は対策講座などを受けてもいいと思いますが、
定着率を上げるために
ある程度自分で学んでから受けると良いと思います。

私みたいに講座を受けるお金のない人も、
ちゃんと受かるので大丈夫です。

ただ、その分時間をちゃんととって勉強をした方がいいと思います。

私のしたことは
1) 過去問を解いて体感
2) 『検定ジャスト問題集』を解き続けて定着
3) 過去問で力試し
4) 苦手項目を取り組む
5) 過去問をもう一度解く
6) 試験までひたすら問題集を解く
これだけです。

定着率を上げるために
繰り返すことは必要!


泉先生もおっしゃってますが、検定問題集は・・・
最低三回は解いた方が良いです。

とっても頭がいい人はいいかもしれませんが、
私の頭では二回では足りなかったです。

私は問題集を3回解いた後に過去問に取り組みましたが、
過去問を三周したところでほぼ暗記してしまい、
試験前にやることがなくなってしまいました。

結局試験前にも解いたので、最終的に4~5回解いています。

苦手なものから…
逃げてはいけない!


更に、聴解問題や苦手意識の強かった文法は
個別に取り出して勉強しました。

この試験は苦手を後回しにしたり、
苦手に手をつけないと・・・

落ちる試験だと思っているので、
是非苦手なものに手をつけて欲しいです。

今後試験を受ける方のお役に立てれば嬉しいです。
頑張ってください。

(2017年合格 焼肉さん 神奈川県)


page top

Copyright © 言語デザイン研究所 All Rights Reserved.