言語デザイン研究所 検定WEBレポート
言語デザイン研究所は、多文化共生社会における言語政策の研究・実践、とりわけ日本語教育に関する支援を通じて、多様な文化の相互理解の進展に寄与することを目的としています。
【合格体験記】 見知らぬセミナー仲間からもらった連帯感と勇気!

基礎を固めるという
アドバイスを信じて・・・


先生、合格していました!!!
ありがとうございました!!

先生の虎本を教えてくれた友達と、
今年も、先生が 対策講座をやっておられるという情報をネットで見つけたこと、

これがなければ、ありえなかった合格です。

先生のシンプルで、見やすくて、わかりやすい講座のおかげで、
頭の中が少しずつ整理できました。

「虎本を繰り返しやって、基本を ガチガチに 固めてください!」
というアドバイスを信じて、よかった!!!

基礎を固めることの重要さ、大切さを痛感しました。

本試験会場で
思わぬ連帯感・・・


それから・・・、
学習者への 接し方、姿勢も 教えていただけたのだなあ、と思っています。

試験会場で、突然、声をかけられました。

「がんばりましょうね!」
ニコニコ笑って 私に話しかけるその人は、初対面の人でした。

わたしは、「…?」
すると、その人は、もう一度わたしに、
「がんばりましょうね!!!」

見れば、その人の手には、見覚えのあるプリント。
わたしが手に持っていたのと同じ、対策講座のプリントでした。

その人は、わたしに プリントの表紙を 見せ、ニッコリ、笑っていました。

2016 総集編 表紙


こんなに 勇気がもらえる 「がんばりましょうね」は 初めてでした。
そして、初対面なのに、この連帯感。

こんな緊張した場でも、
心が 自然と、上向きになる、素敵な声かけができるその人を見て、

あー、そうだった。

こういうことも、泉先生は いつも 行動や言動で 見せてくださっていたんだなぁ
と、感動してしまい、試験前に、ウルウルしてしまったのでした。

先生が 、決してネガティヴなことは 一度たりとも、おっしゃらず、
いつも、私達の動機づけを してくださったり、
情意フィルターの目が詰まらないよう、
言葉や心を遣ってくださっていたこと、
感謝しています。尊敬します。

先生、成子天神社に 私達の為に合格祈願してくださって、ありがとうございました。
近々、お礼参りに行ってきます!
成子神社

先生、ありがとうございました!

(2016年度合格 Y.H.さん 神奈川県)

Y.H.さんの合格への歩み

・「泉の合格指南」(6月)
・「大逆転セミナー」(8月~10月)
・「わくわく検定対策」 模擬試験のみ選択(10月)


page top

Copyright © 言語デザイン研究所 All Rights Reserved.