FC2ブログ
言語デザイン研究所 検定WEBレポート
言語デザイン研究所は、多文化共生社会における言語政策の研究・実践、とりわけ日本語教育に関する支援を通じて、多様な文化の相互理解の進展に寄与することを目的としています。
【合格指南】 目からウロコだった「泉の合格指南」

検定対策講座のみの受講で合格!


2013年に,インターカルト日本語学校の「対策講座」のみ受講して
おりましたY.S.です。その節は大変お世話に なりました。

おかげさまで無事合格することが出来ました。
先生のアドバイスにはいろいろ感謝しております。

特に「聴解のアクセントは気にしなくてもよい,それより他で点を稼げ」 は,
不本意ながら実際の試験で実践してしまいました。

聴解のアクセント問題は,6問中2問しかできませんでした。
ただし聴解全体では28問正解できました。

きっかけになった店頭セミナー!


それと,6月の店頭セミナー(泉の合格指南)はよいきっかけになりました。
あれは本当に「目からウロコ!!!」でした。

独学でしたが,あの場で,即,対策講座を受ける決意をしました。

私の解析によりますと、2013年度の合格最低点は166点だと思いますが
如何でしょうか? 自己採点では,167点でした。

1点に何十人も並ぶということを考え合わせるとこの1点は貴重です。

どうもありがとうございました。
『日本語教育能力試験 実戦予想問題13』(晶文社)も3回やりました。

(2013年度合格 Y.S.さん 埼玉県)

Y.S.さんの合格ルート


6月 店頭セミナー「泉の合格指南~検定に受かる人・落ちる人」
 2014年は,6/21,6/26に実施。同様のイベントは,6/14 インターカルト日本語学校で実施。

7月~10月 インターカルト日本語学校「検定必勝コース」(通学)
 2014年は,7/5~10/11に実施。

虎本を手にして
【店頭セミナー風景 2013年6月】



page top
【合格体験記】 セミナーでやるべきことが明確になった

6月の店頭セミナー参加で受験を決意


7月の第1・2回の講座でお世話になりましたK.Kと申します。
ご連絡が遅くなり大変申し訳ございません。
今回、無事合格をすることができました。

いままで全く日本語教育に関する勉強はしたことがありませんでしたが、
6月下旬に店頭セミナーに参加して受験を決意し勉強を開始しました。

約4ヶ月の期間でしたが、7月の講座でポイントを押えて
解説して頂いたお陰で、やるべきことが明確になり、
先生の『実戦予想問題'13』(晶文社)を利用しての独学でしたが
なんとか合格することができました。

合格は資格を得たのみ、日本語教師としてデビューするには
これからさらに勉強が必要だと痛感しています。

泉先生のご指導に心からの御礼を申し上げます。
ありがとうございました。

(2013年度合格 K.Kさん 東京都)

page top
【合格体験記】 苦しいのは皆同じ,最後まであきらめずに!

検定合格。そして郷里の日本語学校へ就職


今日、結果が届きまして、
検定に無事合格することができました。

これも泉先生が僕を支えてくださったおかげです。

じつは来週あたりにもう実家の○○市へ引っ越しをしてしまうので
1月の合格祝賀会には残念ながら顔を出すことができないと思いますが、
皆様よりお先に先生にここで感謝申し上げたいと思います。

今思えば試験当日、「試験Ⅰ」の難しさにちょっと焦りの気持ちもありましたし、
「試験Ⅱ」も例年と問題がちょっと変わっていて、終わった後かなり不安でした。

しかし、難しさに直面しているのは自分だけじゃない
みんなそう思っているはず、

大事なのは他の人より点数を一点でも多く稼ぐことだから、
落ち着いて次の問題を解くことに集中していました。


変化球でかわされた今年の試験


確かに今年の日本語教育能力検定試験は、自分たちの対策を
変化球(消える魔球レベルの鋭さ)でかわしていくかのごとく、
難しかったというのが自分の実感でした。

ただ、いま思えば試験当日、「試験Ⅰ」が終わった後に、
難しいと感じているのは自分だけではないはず、

苦しいのは皆顔に動揺を出していないだけで他の受験者も同じはず、
と考えて次の試験をあきらめずに集中して解き続けられたのは
自分でもよかったのかなと思います。

泉先生のお言葉、最後まであきらめないこと
というフレーズは最後まで自分を支えてくれたと思っています。

この転機の年だった1年をすばらしい結果で終わることができました。
これも泉先生をはじめ多くの方々が僕を助けてくださったおかげだと思います。

自分はまだスタート地点に立ったばかりのひよこ先生ですが、
これからがんばって羽ばたいて行けたらと思います。

(2013年度合格 T.W.さん 東京都)


合格証


page top
【合格体験記】 丁寧な添削指導と励ましが力になった。

嬉しいです!!!



晶文社の『日本語教育能力検定試験 実戦予想問題'13』の
記述添削問題で、丁寧にご指導をいただき、
本当にありがとうございました。

泉先生にご指摘をいただいた点を念頭に置きつつ、
また、問題集でも勉強ができましたので、
比較的落ち着いた心持ちで試験に臨むことができました。

そして、今日(2013年12月21日)、
何とか無事合格できたとの通知をもらうことができました。

本当に先生の御本で勉強をさせていただいて
よかったと思っています。

励ましのお言葉もありがとうございました。
もちろん、これからもさらに勉強を続けてまいる所存です。

それでは、先生の益々のご活躍をお祈り申しております。

嬉しいです!
 嬉しいです!
  嬉しいです!

(2013年度合格 S.K.さん 京都府)



合格証書
(2013年度 合格証書)


page top
【合格体験記】 言われた通りに取り組んだら合格できた!

添削問題での自筆でのアドバイスが大きな励みに


合格しました!

今日(2013年,12/21)、結果が届きました。

これもひとえに泉先生の実戦予想問題集のおかげです。
本当にありがとうございます。

また、問題集についての質問をメールで取り次いでくださった
晶文社の編集部にも大変感謝しております。
ありがとうございました。

私は現在、地元の国際交流協会でボランティアで日本語を教えていますが、
今後は、仕事として教えることも検討しています。

学生時代に副専攻で日本語を学んでいたものの、
途中でやめてしまったので日本語教員の資格がなく、
この試験を受けた次第です。


新試験に対応した問題集の指示を守って


際に勉強を始めてみると、新試験に対応した教材が少なく
どのように勉強すればよいか迷っていました。

しかし、この問題集に出会って、言われた通り問題を3回解いて
添削問題にも取り組んだら合格できました。


特に、添削問題では泉先生の自筆でアドバイスをいただき、
大変励みになりました。


知識も経験もまだまだのわたしですが、今後も勉強を続け、
日本語教育に長く携わっていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

(2013年度合格 T.S.さん 群馬県)

中島さん
(添削課題2 添削例)

page top

Copyright © 言語デザイン研究所 All Rights Reserved.